こんなにも激しく求められるなんて…

はじめて投稿します。

27歳で、現在×1の女です。

まだ離婚する前の事になります。

その時の夫の子を身ごもったのですが、残念ながら流産し、私は子供のできないカラダになってしまいました。

それ以来病気がちになり、入院と通院を繰り返す毎日。

はじめは励ましてくれていた夫も、いつのまにか愛想をつかしたのか家にあまり帰らなくなり、私のお見舞いにもあまり来てくれなくなってしまいました。

入院先の病院で一人寂しい思いをしていた私。

欲求不満になり爆発しそうでした・・・。

そんなときに、同じ病室の同年代の女性に出会い系サイトを教わりました。

なんでも彼女も独り身で寂しく、出会い系にハマり、退院したら出会った男性と遊ぶ約束をしているそうです。

本当は病院で携帯を使う事は禁止されているのですが、内緒でネットにつなげていました。

旦那に見放された私も、サイトにのめり込み、公務員をしているというヒロシさん(仮名)とメル友になりました。

退院後、ヒロシさんと新宿で待ち合わせ、ドライブ。

私の家庭の相談をすると、ヒロシさんもやはり奥さんと不仲らしく、しかもお互い欲求不満だったのです。

車が湘南の海に着き、日が暮れるまで二人して夕日をボーッっと眺めていると、ヒロシさんの腕が私の肩に回って来て、どちらからということもなく唇を重ね合わせました。

彼の唇は柔らかく私の唇を押し包み、そしてヌメっとした舌が私の口内を侵してきたのです。

その場はそれで済んだのですが、私の方が興奮してしまって、車中でもドキドキしっぱなし。

そして、私自身も驚いたのですが、自ら彼の股間に手をおいてしまい、ジッパーをおろし、そのままシゴいてしまったのです。

彼の息が荒くなるのが、なんともかわいかったので、そのままカラダを寄せてフェラチオもしてあげました。

ウラスジを舌と唇でなぞりあげるとビクンビクンとペニスを振るわせるヒロシさん。

たまらなくなったのか、彼は無言のままクルマをホテルの駐車場に入れ、そのまま部屋まで私の手を引っ張って行きました。

部屋に入るなり、彼は私の服をたくしあげ、ずらしただけのブラから露わになった乳房にあらあらしく吸いつきました。

こんなにも激しく求められるなんてとても懐かしい体験でした。

私は大きな喘ぎ声を上げてしまい、カラダを許してしまったのです。

その後、すぐに私は旦那と離婚し、ヒロシさんも奥さんと離婚。

そしていま、私たちは結婚を前提に真剣にお付き合いをしています。

[投稿者:夏美さん(27)]

オススメの出会い掲示板

このカテゴリで良く読まれている記事

  • そう…私は露出狂の女です。
  • 童貞クンとスワッピング☆
  • ドS男性募集中のM女です
  • 小学校教師と始発までセックス
  • 義弟とのSEXのあと…

  • カテゴリー: 出会い系H体験談