熟女ブーム再燃!?大人のエロスを追いかけろ

どうもー、エロライターかずやです!

エロ本業界に身を置いて早数年。
流行は数年周期で繰り返すなんて言われますが、
最近は、熟女モノの人気が再燃の兆しです!

今回のブーム、いままでと違うのは、
話題の中心となっているのが、
熟女好きを公言する芸能人だということ。

ここ数年、熟女好きをカミングアウトした芸能人は、
有名どころを挙げるだけでも、
キャイーンのウド鈴木、ネプチューンの堀内健、ロバートの秋山竜司、オードリーの春日俊彰etc…、
とそうそうたる面々。

いまやもう、そんな彼らが、
『熟女の魅力をひたすらに語りあうだけ』という、バラエティ番組の企画が組まれるほどです。

さて、そんな熟女好きを公言する男性は、
ボクの身の周りにも少なくありません。

同業者でも、
巣鴨を中心としたフケ専風俗に通うものから、
現役最高齢とも言われる四国、高松の風俗店に在籍する80才の超熟女とのプレイを熱望するものまで。

いちように、「白髪混じりの女性器を舐めるのが最高だ」と語るのだから、
その熱意には驚かされるばかりです。

そんな彼らによれば、
いま、熟女と知り合うなら、
熟女専門の出会い系サイトを使うのがベストなのだとか。

というわけで、ボクも出会い系サイトで熟女の攻略にチャレンジしてみました!

今回は、門外漢のボクを助けてもらうため、
「女は50歳を過ぎてから」をモットーに掲げる、
熟女フェチのY氏(38歳)の協力を取り付けることに成功。

Y氏によれば、熟女の中でも落としやすいのは、
比較的若い30代後半から40代前半、
その中でも、ヒマを持て余した専業主婦か、
バツイチの女性が狙い目なのだとか。


↑↑↑
女は肉と一緒で熟成させねば本当の味覚に辿り着けない。と、あるハードボイルド作家が書き残しています。

しかし、そうした攻略しやすい女性を狙ったのでは流儀に反します。
一通りの説明を受けたところでボクが選んだ相手は、千恵子さん(仮名・55歳)。

さっそく、メールを送るにあたりY氏に助言を求めると、
熟女相手には、誠実さをアピールするのが一番のポイント。

余裕を持って、会話を楽しむなかでセックスに持ち込むのが肝心なのだとか。
そうして話してみて分かったのは、
千恵子さん、
「最近の楽しみは孫の面倒を見ること」
「セックスはここ10年していない」のだとか。

そこまで言われたら、
セックスの交渉をするしかないでしょう!

そこで、Yさんに尋ねると、
熟女を相手にするときは、
専用の殺し文句とコツがあるのだとか。

それは、会話のはしばしで、
「美人なのに『もったいない』ですね」
「まだまだ若いのに『もったいない』ですよ」
もったいないという言葉を織り込むというもの。

その言葉に従ってメールを送信!
すると、千恵子さんからの返答は、
「興味はあるけど、一日考えさせて欲しい」、とのこと。

で、翌日、待ちました。

しかし、夜中まで待ったものの連絡は無し。
どうやら振られたようです。
さすがに肉体関係を急ぎすぎたでしょうか…。

Yさんによれば、
こうしたセックスに対する慎重さ、
恥じらいを感じられるところも素人熟女の魅力なのだとか。

確かに、逃がしたとなると、
余計に燃えてしまうのは、男の狩猟本能!
あるいは、こう思わされたのも熟女の手練手管にやられてしまったのか。

ともかく、会話の心地よさと、
大人の駆け引きを存分に楽しめる熟女ハント。

成功のあかつきに待ってるのは、大人のエロスとなれば、
再挑戦の価値は十分にありそうです!

若い子を追いかけるのには疲れた、
という男性にもオススメ!
ボクも腕を磨いてリベンジの予定ですよ!

オススメの出会い掲示板

このカテゴリで良く読まれている記事

  • ヌードモデル募集でハメ撮りに成功2
  • ヌードモデル募集でハメ撮りに成功
  • RIKACO似の巨乳人妻と熱闘甲子園
  • 出会い系なら10代少女が食べ放題!?
  • キャンギャルと出会う方法

  • カテゴリー: 出会い系マスターへの道| タグ: , , , ,