セリクラってどうよ?

編集部員のジュンジです。

月収20万円未満のエロ本出版社で働いてます。

ここの編集部は本当に辛い。

給料は安いくせに、残業は当たり前。

会社に連泊3日なんて頻繁におこるし、本当に最悪!

しかも仕事は激務ときたもんだ・・・。

ああ・・・一流のファッション誌とかに転職したい。

でも、そういうところって入社試験で落ちちゃったしなぁ・・・。

今回の仕事も本当に大変!

編集長から最初に言われた時は結構楽そうだったんだけど・・・。

編集長「ジュンジちゃ~ん、ちょっとセリクラにいって女の子とSEXをするルポを書いてよ」

ジュンジ「ええ~! 経費でセリクラにいけるんですか? マジで?マジマジ? やっべ~!」

編集長「ジュンジちゃん。ちょっと勘違いしてるようだけど、成功しないとセリクラでかかった金は全額自腹"だからね!」

ジュンジ「・・・え?」

編集長「あたりまえじゃん。ただでさえ、ウチの編集部は金がないんだから、成果が出なかった企画は経費で払わせないよ~!」

ジュンジ「そんな~、おかしいじゃないっすか! そんなの新潮社や文藝春秋じゃありえないっすよ!」

編集長「じゃあ、そういう会社に入社すればよかったじゃん」

ジュンジ「ぐっ・・・」

僕はシブシブ、池袋のセリクラにいくことにしました。

東口を出て、サンシャイン通りをちょっと入ったところにある雑居ビルの3階。

そこに今回の取材先、『セリクラ』がある。

セリクラってのは出逢いを求める男女が集まる、店舗型の出会い系だ。

魅力的な女性との「デート権」をオークションで競り落とすことからきた名前。

デート権の行使時間はだいたい1時間くらい。その間に口説きおとしハメるのである。

そんなシステムを説明させられ、僕らは12畳くらいの一室にとおされた。

中はパイプ椅子が10脚あり、そこに男が4人ほど座っていた。

彼らの前にはステージが設けられている。

きっと女の子がそこに並べられるんだろうか。

僕は一番はしっこの椅子が空いていたので、そこにすわる。

座って5分くらい経ったとこ、室内にアナウンスが流れる。

「みなさま、お待たせしました~! ただいまより、本日エントリーの女の子が入場します!」

ズントコズントコ!というケタタマしいミュージックが流れ、女の子が3人ほど入ってくる。

入場後、アナウンスに促され、ひとりひとり女の子が自己紹介する。

内容は名前と年齢、好きな男性のタイプなどといったもの。

1番は髪を金髪巻き毛にしたヤッすいキャバ嬢風のコ。

2番は家出少女風のだらしない着こなしのコ。

3番は清楚な女子大生風のコ。

自己紹介が終わると、「それではみなさん、端の方から好きな女の子を金額をご提示の上、指名して下さい」とのアナウンス。

はしっこといえば僕だ!

僕はしどろもどろに3番の女の子、ミナを指名した。

金額は5千円。

なんといっても清楚っていうのがこの場ではよかった。

しかし、そのとき、隣の男が声を上げた!

「俺は6千円!」

邪魔が入った!

これがオークションの現場なのだ!

僕は初めて来た現場にワクワクし、そして地味に1千円だけを釣り上げてきた隣の男にみみっちさを感じ、「1万円!」と答えてしまった。

さすがに一気に釣り上げ過ぎてしまったのか、隣の男は黙ってしまった。

結果、僕は1万円をカウンターで支払い、店の外でミナと待ち合わせ。

オススメの出会い掲示板

このカテゴリで良く読まれている記事

  • パーキングエリアでセックス三昧
  • セリクラってどうよ?
  • 夫婦の不満を満たしあう…。精液好きな宮崎の若妻とのダブル不倫...
  • 初めての親子どんぶり!
  • セリクラってどうよ?2

  • カテゴリー: 出会い系ガチンコ体験談| タグ: