旦那公認で種付け希望する、関東の歳の差婚している人妻との契約。

僕は、あるご夫婦と出会い、そして見込まれてしまった。

そのご夫婦は関東近郊に、いくつもビルを持っている資産家のご夫婦だ。

出会い系の僕のプロフィールを見てメールをくれたのが始まりでした。

ご夫婦は30歳も歳の離れた歳の差婚された方達でした。

結婚されて10数年。

最初はなんとか2ヶ月に1度程度営みがあったが、最近では不能になったようです。

その上奥様も30代後半。

出産も困難になる年齢に近づき、どうしても子供が欲しいご主人の希望で奥様を妊娠させて欲しいというものでした。

しかしご主人の要望は厳しく、今まで何人もの男と会ったそうですが、誰も気に入らなかったそうです。

彼の要望はまず頭の良い男であること。

運動神経が良ければ尚良く、優秀な遺伝子を残されたいと思う彼の第一条件です。

そして奥様との性行為は、彼の前で行う、またはビデオに撮影して報告することでした。

奥様を寝取られることで興奮し、再び勃起するかもしれない、という淡い期待もあったようです。

謝礼も用意されていて、無事出産できれば多額の報酬ももらえる。

その後もお互いさえ良ければ関係は継続しても良いと…。それは奥様の身体を慰める為なのですが、それにも条件が出されました。

奥様以外の女とセックスしないことです。

病気を恐れたのと、自分が知らない子供の兄弟ができるのを嫌ったからです。

ご主人の前でするのは躊躇しましたが、奥様も僕を気に入ってくれました。

結局は条件を受け入れ旦那公認の関係が始まったのです。

しかもその日からでした。

ご主人が電話され車でホテルへと向かいました。

入った部屋は寝室が2つもあるロイヤルスイート。

それだけで一気に緊張感が高まりました。

ルームサービスで並べられた酒と軽食でなんとか落ち着きを取り戻した頃、お二人は浴室へ。

入れ替わりに僕がシャワーを。

興奮と緊張が入り交じるおかしな気持ち。

浴室から出ると寝室からご主人の声。

導かれるように部屋に入ると、ご主人が奥様を愛撫している。

既に奥様は一糸纏わぬ露な姿で小さな声で喘いでいた。

僕がいることに気付くと恥ずかしがり、まるで生まれたての子鹿のように身体を丸め、女である象徴を隠した。

ご主人は僕を呼び、彼の指示で奥様を愛撫するよう言われた。

男性経験も少ないのだろう、そして結婚後も数えるほどしか営みのなかった身体は、男への欲望を表すかのようにしっとりと潤い、とても40前の女の身体ではなかった。

時間が経つが、奥様も僕もご主人の前という事で欲望を表に出せないでいる。

最初に欲望を剥きだしたのは奥様だった。

ご主人の前で我慢しきれず、僕の半立ちのチンポを銜え込んだ。

本当に久しぶりの硬直した肉茎に、我を忘れむしゃぶりついてる。

あの清楚な奥様が今はただの雌となっていた。

次第に側にご主人がいることも気にならなくなり、ようやくいつもの力強さを取り戻す。

そして長い間受け入れることができなかった女穴に深々と突き刺していった。

ご主人の嫉妬に似た表情。

奥様は何度もご主人の前で絶頂を味わっていた。

奥様も火がついたのだろう、ご主人が寝静まってから僕の寝室に来た。

少し飲み直しながら歳の差婚の悲しみを愚痴った。

そして朝まで僕の身体を貪っていた。

もちろん、報告用の映像を撮りながらだ。

今も旦那公認の関係は続き、最近ではご主人が関東のあるマンションを与えてくれ、そこが奥様とのセックスの場所となっている。

まだこんな話しでは変態な話しではないかもしれないが、これから年月が経てば変態な体験談もできそうな予感がします。

一流企業サラリーマンさん 28歳 男性

オススメの出会い掲示板

このカテゴリで良く読まれている記事

  • セックスフレンドに自分の娘も抱かせてしまう、神奈川の変態母娘...
  • チンポを銜えて離さない、セックス依存症の京都の資産家未亡人。
  • 一日で何人の男とセックスできるか…。輪姦好きな富山のバツイチ...
  • 双方合意の親子丼。2つの処女を奪った福井の夜。
  • ザーメンまみれとなり犯される。そんなレイプ願望を持つ熟女を岐...

  • カテゴリー: 全国の変態体験談| タグ: , ,