大阪の夜、SMに狂う。

今思えば、あの時はどうにかしていたんだと思います。

結婚して8年。

妻との間には子供もできず割と自由な生活を送っていました。

妻との営みが頻繁にあったのは、結婚2年目くらいまで…。

その後は年々減少し、ここ3年は、疲れてるから、など言われ断られ続けてきました。

そうなると、こちらからも誘うことはしなくなり、もっぱら風俗でセックスをする日々でした。

何度かそういう浮気もバレ、その度に小遣いも減らされる。

今では風俗すら行くこともできないような有り様です。

ここ1年以上、会社と家との往復。

飲みに行くことも女を抱くこともできなくなっていました。

ストレスは溜まり、もうオナニーでは解消できないまでになっていたのです。

妻には内緒で出会い系サイトに登録し、思いきり性欲を解消できる女性を探したのです。

これからお話するのは、その時ストレスの塊と化した男の体験談です。

その日私は息遣いが荒くなるほど抑えきれない性欲を抱え、悶々としながら出会い系の女性の書き込みを見ていました。

そこである女性が書き込んだ、SMの文字に目が止まったのです。

文章を読むうちに、身体が熱くなり、どうしても責められたくなってしまい、同じ大阪ということもあり、彼女にメールをしてしまったのです。

待ってましたとばかりに、彼女から早い返信が…。

そしてトントン拍子に一度会おうという事になったのです。

彼女は27歳のOL。

SM歴は6年。

飼っていた奴隷を捨て、新しい男を探していた。

実際に会えたのは、1週間後の土曜日だった。

その日は看護士をしている妻が夜勤の為、夜は時間があったからだ。

最初は面接と称し、市内の喫茶店で待ちあわせた。

笑顔の可愛らしい女性だった。

が、時折見せる目付きは、女王様そのもの。

とにかく面接は合格し、実技面接へと移ったのだ。

皆さんは知らないと思いますが、今大阪にはSMできるホテルはなくなりました。

数年前、当時の府知事がそういった施設を排除してしまったからです。

彼女は私を車に乗せ、郊外へ。

近畿の設備の整ったホテルへと車を走らせたのです。

その間、私は全裸にされ、車の中でオナニーを命令されました。

恥ずかしさで勃起できない。

勃起できなければ容赦なく怒られます。

救いだったのは彼女の車が車高の高い4駆だったことでしょう。

ホテルにも全裸で入らされました。

半立ちしたチンポを握られ、部屋まで連れていかれました。

従業員が小窓から驚いたように見ていた目が今でも忘れられません。

部屋に入るなり彼女は私に大量の浣腸を施してきました。

鞄から取り出した大きな注射器で…。

注入後プラグを入れられ我慢させられます。

その間に彼女は着替え、女王様になっていました。

片隅にある便器でプラグは抜かれ、彼女に排泄を見られました。

勢い良く飛び出す排泄物。

屈辱感が身体中に感じられました。

その後は縛られ、身体中に蝋燭や鞭を受けました。

蝋の熱さ、鞭で身体が赤くなる…その度に身体が快感に反応していく。

全身が性感帯になったかのような反応に彼女のプレイはエスカレートし、その日私はペニスバンドを入れられ、アナルの処女も失ったのです。

妻との離婚も決まりました。

今後は彼女の性奴隷として躾けていただくことになっています。

ストレス解消は女の奴隷さん 41歳 男性

オススメの出会い掲示板

このカテゴリで良く読まれている記事

  • セックスフレンドに自分の娘も抱かせてしまう、神奈川の変態母娘...
  • チンポを銜えて離さない、セックス依存症の京都の資産家未亡人。
  • 一日で何人の男とセックスできるか…。輪姦好きな富山のバツイチ...
  • 双方合意の親子丼。2つの処女を奪った福井の夜。
  • ザーメンまみれとなり犯される。そんなレイプ願望を持つ熟女を岐...

  • カテゴリー: 全国の変態体験談| タグ: , , , ,