覗かれたい…野外セックスしたがる福井の女。

稀ではあるが、出会い系を使っていると思わぬ地域の女と知りあうことがある。

昨年の5月、福井から旅行でこっちに来ていた美咲と出会い系で知りあった。

連休を利用した一人旅だった。

急にムラムラしはじめたみたいで、出会い系で僕と出会ったのだ。

当然即会い、肉体関係となった。

お互い連絡先を交換し、彼女は福井へと帰っていった。

美咲は23歳。

7年交際している彼氏もいる。マンネリした交際、彼氏しか知らない肉体は、彼氏以外の男の肉体を試したかった。

そして僕に抱かれたのだ。

美咲が地元に戻り数日後だった。

美咲からメールが届いた。

簡単な世間話に何度も返信した。

そんな事が毎日、1〜2ヶ月続いたある日、美咲が僕にお願いしたいことがあるという。

身体目的で会った僕だからこそ、そしてメールの気軽さから美咲は告白してきたのだ。

彼女のお願いというのは、野外セックスしてみたいということだった。

僕は詳しく聞きたくなり、美咲に電話した。

携帯の向こうで美咲はそんな事を考え始めた元となった体験談をしゃべりはじめた。

美咲が旅行から戻って数日後、彼氏と誰もいない海辺でカーセックスを体験したらしい。

誰かに見られるかもしれないドキドキ感。

脳の奧にまで届いた快感は美咲の身体を変化させてしまったようだ。

でも彼氏にお願いも出来ない。

だから僕だったのだ。

カーセックスを体験してからというもの美咲の頭の中には少しずつだが、誰かに恥ずかしい姿を見られたいという願望も出てきたらしい。

冗談っぽく、「じゃあ、美咲がオナニーしてる写メ送ってよ…」

そう言った。

数分後美咲が敏感なヶ所を愛撫してる写真が届いた。

何枚も何枚も…。

僕は電話で美咲に命令し、カーテンを開けてオナニーするよう言った。

おそらく灯の点いた部屋で自慰してるだろう美咲といつしかテレホンセックスとなり、お互いは果てた。

それから毎日カーテンを開けてのオナニーは続いた。

その度に写メがくる。

彼女としてはもっとすごいことをしてみたいのだが、今はそれ以上踏み込めないでいる。

彼女の切ない願い…。

お互い示し合わせ9月に数日間休みをとった。

美咲の願いを叶えるためだ。

まだ熱い9月、美咲の住む福井に向け、車で北陸道を走らせた。

福井駅で美咲を拾い、彼氏に会わないように県内の温泉へ向かった。

温泉旅行、そして願望が叶うからか、美咲のテンションは高かった。

まだ明るい時間、貸切の露天風呂。

わざと囲いギリギリまで出て脚を拡げた。

客室からは美咲の白く長い脚は見えているだろう。

目が潤む。いつの間にか美咲は自慰していた。

興奮し、部屋に戻り美咲を抱いた。

そのまま下着も身に着けず浴衣を羽織り、食事処へも行った。

朝、また昨日の露天風呂、囲いの側で美咲を抱いた。

陽は昇っていたがまだ朝は早い。

誰かベランダにでも出れば美咲の喘いでいる顔はわかったはずだ。

興奮した美咲のマンコは昨夜よりも締まっていたような気がする。

美咲の気分を高め、二人でドライブした。

東尋坊から然程遠くない自然公園。

その側にある自然学習センターがある林の中に入っていった。

その日の美咲は下着など付けてはいない。

どこでもすぐに野外セックスするためだ。

センターが何となく見える場所で僕は美咲の敏感な部分を立ったまま愛撫した。

ため息のような声は次第に甲高い声となり、木々の間に響き渡った。

立ったまま僕は美咲の濡れた割れ目を舐めていた。

その頃から、辺りで枝を踏みしめるような物音が聞こえている。

誰かいる、誰か見ている…そんな人の気配もしていた。

一旦裸のままセンターに近づき、再び愛しあった。

枝を踏みしめる音も近づいてきた。

いや周辺から聞こえてきたのだ。

何人かに見られてる。

美咲は興奮し、「入れて…」

僕は言われた通り立ったまま後ろから膣にチンポを突き上げた。

美咲の声が響く。

人影も確認できた。

美咲もそれはわかっていたようだった。

僕はわざと顔がわかるように美咲を覗いてる男達の方に向けた。

半狂乱だった。そして皆に見られている中で、美咲の言う通り膣内に射精した。

美咲は普通のセックスでは感じない身体になり、彼氏と別れた…。

マコトさん 24歳 男性

オススメの出会い掲示板

このカテゴリで良く読まれている記事

  • セックスフレンドに自分の娘も抱かせてしまう、神奈川の変態母娘...
  • チンポを銜えて離さない、セックス依存症の京都の資産家未亡人。
  • 一日で何人の男とセックスできるか…。輪姦好きな富山のバツイチ...
  • 双方合意の親子丼。2つの処女を奪った福井の夜。
  • ザーメンまみれとなり犯される。そんなレイプ願望を持つ熟女を岐...

  • カテゴリー: 全国の変態体験談| タグ: