28歳の処女は、兵庫の田舎小学校教師。

出会い系で初体験相手を探す娘は少なくはない。

よくそんな娘と会い、何人もの初体験相手をしてきた。

いくつの女でもその肌はきめ細かく、少女の肌をしている。

そして何といってもあの穴の閉まり具合と一生娘の記憶に住み着くという優越感かもしれない。

その味を知ってしまってからは、何人もの男に抱かれた女はただ性欲を満たすだけのものになっている。

いつものように出会い系で処女はいないか眺めていた。

まあ、早々いるものではないので、それが普通なのだが、一人生娘からの書き込みを見つけた。

どんな相手かなど確認もせず直ぐにメールした。

私は多少ブスでもデブでも関係なく膜を破ってきた。

その女は、なんと28歳。

近畿は兵庫にある田舎の小学校教師。

学生時代は勉強に明け暮れ、教師となっても忙しさで彼氏もできず、気がつけば処女のままもうすぐ30を迎える。

セックスをしなかった理由はもう一つあった。

22歳の頃までは、焦ってはいたがガツガツと誰でも良いから処女をあげる気にはなかったらしい。

最初は都市部で教師になり過大なストレスから鬱のようになる。

それを理由に今の学校へと移った。

その鬱の時に変態な性に目覚めたらしいのだ。

妄想はどんどん膨らみ、変態な状態で処女を奪われたいと思い始めたのだ。

だが、そんな事は誰かに頼めるはずもない。

そのまま年月が経ってしまい、意を決して出会い系に登録したそうだ。

彼女の妄想を聞きだし、お互い相談の上でどんなシチュエーションでセックスするかを決めた。

一生で一度の処女喪失だ、素晴らしいものにしてやらないと可哀相だ。

その日になった。

私は兵庫まで出向いていった。

普段なら躊躇わないように、すぐホテルに行くのだが、今回はそうはいかなかった。異常な初体験だけに、彼女も今日になり怖くなっているという。そういう時はじっくりと女がその気になるのを待つ。

何人もの処女を抱いてきた体験談を聞かせ、私が上手く膜を破ってきたことを教えた。

少しエッチな話しにし、彼女を欲情させようという気もあったからだ。

彼女の初体験の場は、勤めている学校だ。

彼女は最後まで嫌がっていたのだが、それだけに変態っぽいと説得したからだ。

田舎の学校は今でもオープンな所が多い。

何人かの子供たちが校庭で遊んでいる。

その子達意外誰もいない校舎に気付かれないように入っていった。

小さな3階建て校舎。階段を上り屋上に出た。

暑くなりかけた初夏、日差しもこ心地良い。

彼女にキスし股間をまさぐった。

しっとりと濡れたパンティが、この女が覚悟を決め興奮し始めていることを感じさせる。

自ら全裸にさせ、持参した首輪を着けさせ屋上を散歩させた。

フェンス際までくると身を強ばらせる。

それはそうだろう、校庭では教え子が遊んでいるのだから…。

四つんばいにさせ、処女の秘部を観察する。

硬いはずの処女の秘肉はパックリと割れ、膜を蓄えた穴はヒクヒクと動いている。

その格好のまま私はマンコに吸い付いた。

甘く美味しい蜜が私の喉を潤した。

身体をビクつかせながら彼女は素直に反応している。

声を押し殺しているのは、生徒に気付かれたくないからだろう。

「声を出すんだ!そうすればもっと気持ち良くなるから…」

小さくだが声をあげはじめる。

チンポのしゃぶり方も教え、処女の彼女に喉奧にまで挿入するイラマチオまで教え込んだ。

えずきながらも変態な扱いをされてる自分を想像してるのだろうか…。

身体中に変態な言葉を落書きし、上半身を縛った。

脚は拡げた状態でフェンスに固定。

大開脚のまま身体を折り曲げた状態だ。

嫌がっても奪って欲しいというのは、彼女の希望だ。

下からは見えないのだろう、生徒達のはしゃぐ声は続いていた。

彼女は汗まみれになり、髪も乱れている。

私には彼女に内緒でサプライズを用意していた。

そのサプライズはドアを開けてやって来た。

彼女は一瞬生徒がきたと思い顔を強ばらせたが、屋上に来たのは、私が乱交パーティでよく一緒になる2人の乱交仲間だった。

彼等の到着を待ち、私は指もそしてタンポンすら挿入したことの無い穴に亀頭を宛てがい、ゆっくりと侵入していく。

彼女の股間に力が入り、異物の侵入を防ごうとする。

一瞬力が抜けた瞬間、膜を突き破り根元まで突き刺さった。

2人の証人の前で処女を失ったのだ。

痛がる彼女に、ゆっくりと出し入れを繰り返す。

しばらくすると感じ始めてる声に変わる。

強く押込むように腰を動かし、一度も注ぎ込まれたことの無い膣に精液を流し込んだ。

口で綺麗にさせていると、乱交仲間が次々と喪失直後の彼女の膣に、精液を放った。

全てが終わり縄を解くと、思い描いていた初体験に満足したかのようにほほ笑み、その場に倒れ込み余韻を楽しんでいた…。

やっぱり処女が好きさん 47歳 男性

オススメの出会い掲示板

このカテゴリで良く読まれている記事

  • セックスフレンドに自分の娘も抱かせてしまう、神奈川の変態母娘...
  • チンポを銜えて離さない、セックス依存症の京都の資産家未亡人。
  • 一日で何人の男とセックスできるか…。輪姦好きな富山のバツイチ...
  • 双方合意の親子丼。2つの処女を奪った福井の夜。
  • ザーメンまみれとなり犯される。そんなレイプ願望を持つ熟女を岐...

  • カテゴリー: 全国の変態体験談| タグ: , ,