セックスは中出し以外考えられない!精液注入が何よりの幸せだという、開放感満載の沖縄娘。

国内の米軍基地のほとんどは沖縄に集中している。

最近では基地の移転問題で何かと話題に上る。

しかし青い海、太陽は人を開放感へと誘うようだ。

家族と来ても妻をつい抱いてしまう。

仕事で来ても、仕事の達成感を女で増幅させようとしてしまい、何度も現地の出会い系を利用してしまうのだ。

ここ沖縄では意外と利用者も少なく、高い確率で出会いが叶ってしまうのも良い。

オイシイ思いをした体験談には困らないかもしれない。

ここ数年、会社からの特命を受け何度となく沖縄を訪れている。

今話題になっている地域の土地を買い漁っているからだ。

先月も沖縄を訪れた。

1週間という期間内に少しでも良い土地を得るためだ。

だが、他社も同じように狙っている。交渉は難航した。ようやく少しではあるが土地を得る交渉が成立し、私は安堵感から癖のようになった女を抱きたくなり、いつものように出会い系にアクセスした。

必ず若い子を選ぶ私は、二十歳だという娘に決めメールした。

すぐに会おうとなり、宿泊先のホテルで待ちあわせた。

部屋に招き入れシャワーを浴びさせた。

娘は金髪に日に焼けた肌の今どきの黒ギャルだ。

風呂上がり話しをして分かったのだが、本当は二十歳ではないらしい。

本当は18歳だという。

私の娘より下なのに驚いたが、身体の奧から早く若い娘を抱きたい衝動に駆られた。

今でもそうなのだが、常々自分の娘の処女を奪いたいという願望は持っていた。

だが理性がそうはさせなかった。

妻から聞いたが、2年前にどこの馬の骨ともわからぬ男に処女を捧げたそうである。

その時の願望が甦り、娘を乱暴に押し倒した。

おっぱいの張りも良く、改めて若い娘の美味しさを痛感した。

攻守が変わり、娘の方が私を責めてくる。

何人の男を知ってるのかと聞きたいくらいフェラチオが上手い。

長い時間娘の身体を堪能した。

「じゃあ、そろそろ入れようか」

そっと用意しておいたコンドームを取り出した。

すると娘は「ねぇ、おじさん、どこに出したいの?」

と聞くので、「そりゃ中がいいけど…駄目なんだろ?」

「おじさんの好きな所に出していいよ…」

そんな事を言われたら、コンドームなど着ける訳もない。

生身のまま娘の中に大人のチンポを突き刺した。

少し緩く感じたが、若いだけで、それだけで満足だ。

「ホントに中でいいの?」

「うん、中出しが好きなの!」

私の興奮は頂点に達し、絶頂を迎えた。

膣の運動で割れ目から精液が垂れていく。

娘はそれを指で掬い舐めた。

休憩のため私は娘の性体験を聞いた。

娘は子供のころからマセてたせいか、11歳くらいからおっぱいが大きくなり、12歳では中3と思えるほどに発育していたそうだ。

そのせいなのかわからないが、12歳で海兵隊の兵士に犯され処女を失う。

しかも中出しされて…。

中学になると初カレもでき、セックス。

相手が童貞だったため、誤って中に出された。

その時、膣内に何とも言えないような感触が気持ち良く感じ、それからは中出しでないと感じない変態な身体となっていく。

高校に入れば、今度は義父と愛人関係となり、母親がいないとき義父の性欲を処理していた。

流石に妊娠は駄目だと言われ、安全日しか中出しできなくされた。

今まで妊娠しなかったのが不思議なくらいだった。

生理前にもムラムラするそうだが、それ以上に生理が終わると生理前以上にムラムラしてしまい、こうやって出会い系などで中出ししてもらうそうだ。

精液が大好きだと言い、義父と関係してる時に飲精を覚えてからは、普段のセックスでは、自分から銜え込み、精液を飲み干す。

私はその異常な性体験を聞き、老体に鞭打ちながら久しぶりの2回戦へと突入していた。

某ゼネコンマンさん 49歳 男性

オススメの出会い掲示板

このカテゴリで良く読まれている記事

  • セックスフレンドに自分の娘も抱かせてしまう、神奈川の変態母娘...
  • チンポを銜えて離さない、セックス依存症の京都の資産家未亡人。
  • 一日で何人の男とセックスできるか…。輪姦好きな富山のバツイチ...
  • 双方合意の親子丼。2つの処女を奪った福井の夜。
  • ザーメンまみれとなり犯される。そんなレイプ願望を持つ熟女を岐...

  • カテゴリー: 全国の変態体験談| タグ: , , ,