開放的な北海道で見つけた超美人ナースは僕の女王様。

離婚して5年。

女性との肉体関係もなく、しかしまだまだ若い肉体は毎日寂しい自慰行為で慰めていました。

やはり女の肌が恋しく、出会い系で女性を探すことにしました。

ですがこんな年齢では、お付き合いしてくれる女性も少なく、でも今までで何人かの女性とは肉体関係となれました。

僕は元々Sだと思っていましたし、出会う女性にもSとして身体を弄んでいました。

半年前、僕のそんな性癖を覆してくれた女性と出会ったのです。

その女性との出会いは、今思いだしても身体が熱くなるような…そんな僕の体験談です。

出会いは、僕が彼女のプロフィール写真に一目惚れし、メールしたのがきっかけです。

また、書き込みの「ある性癖があり、それを満たせて欲しい…」

その文面を僕が勝手にマゾだと決めつけていたのも…。

僕は北海道は札幌市内に住んでいます。

彼女は札幌ドーム近くの病院に勤めるナースでした。

お互いの都合の良い日を選び会いました。

彼女が夜勤明け、僕は休日前の週末でした。

知りあって2週間後の事です。

僕はいつも使ってる自前の(もちろん新品もあります)を持って会いに行きました。

彼女と会い、話しをしてるうち、何か彼女は僕を責めたいのではないか?と感じました。

僕もここ1年セックスもしておらず、身体は悶々としています。

彼女の話し、説得…女性とエッチできるなら、そう思い彼女の願いを受けたのです。

(性欲が溜まりすぎていて、Mになってみたい願望も気付かないうちに出てきていたのかも?)

とにかく僕たちは札幌市内のホテルに吸い込まれていました。

シャワーを浴びるよう言われ、裸で出てくると、まずは挨拶の仕方から教えられました。

シャワーに行く前は普通の女性だったのに、出てくるとその表情は女王様のように男を見下したような顔になっていました。

彼女は30過ぎ。

芸能人でも通用しそうな超がつく美人。

その美貌が余計に女王様の表情を際立たせていた。

黒い下着姿の彼女に、跪き言われるがままその肌を舐めた。

脚の指の間まで舌で綺麗にしていった。

彼女の女の蜜が溢れる部分に近づくと叱られた。

なのに勃起してしまっている自分がそこにいた。

どうやら自分でも知らなかった自分に目覚めたようだ。

彼女の休みの前には呼びだされ、徐々に躾けられる。

今まで女性達に使用してきた玩具は、今僕を責める道具となっている。

出会って1ヶ月…とうとうアナルを犯された。

だが彼女とは本当の肉体関係は無い。

僕の感じてる表情…絶叫し喘ぐ声…それだけで彼女はエクスタシーを感じている。

2ヶ月もすると僕も彼女の調教に従順に従っていた。

羞恥的な行為にも厭だった従った。

やってみればその行為は快感となり、少しずつ彼女の変態な欲望を満たす男となっていた。

あれだけ嫌だった…いや女性にもしなかったスカ系。

僕は自ら「女王様の聖水を飲ませて下さい!」

彼女は僕の顔に跨がり、押さえつけ口中に排泄物を流し込んだ。

ゴクゴクと生暖かい液体が僕の中に入ってくる。

こんな美人だからこそできた行為だったのかもしれない。

そう思わせるくらい彼女は美しく、またその排泄物も美味しく感じられたのだ。

これからの時期は北海道は素晴らしく過ごしやすい時期になる。

昨日はアナルにリモコンの玩具を入れられ、札幌ドームに行きました。

大勢の観衆の中、彼女の操作で震える玩具。

気が遠くなるような快感。

何も怖くなくなっていた。

そしてこっそりと、自慰をしていた…。

彼女からの命令です。

これからはナースのキャリアを活かした、プレイをするよ、と…。

想像もつかない期待で僕の頭は狂ってしまいそうです。

潜在的マゾさん 46歳 男性

オススメの出会い掲示板

このカテゴリで良く読まれている記事

  • セックスフレンドに自分の娘も抱かせてしまう、神奈川の変態母娘...
  • チンポを銜えて離さない、セックス依存症の京都の資産家未亡人。
  • 一日で何人の男とセックスできるか…。輪姦好きな富山のバツイチ...
  • 双方合意の親子丼。2つの処女を奪った福井の夜。
  • ザーメンまみれとなり犯される。そんなレイプ願望を持つ熟女を岐...

  • カテゴリー: 全国の変態体験談| タグ: , , ,