ああ…私はなんて卑猥な事をしているのでしょう

初めて投稿します。

私は専業主婦しています。

以前は通販雑誌のモデルをやっていて、職場で知り合ったカメラマンの夫と結婚しました。

でも、夫婦仲は冷えきったもの…。

仲の良かった頃は、夫が私を被写体に写真を撮るなど、仲睦まじいものだったのに。

今では被写体どころが会話すらなく、息の詰まる関係です。

そんなとき、昔のモデル仲間と食事をしていて知ったのが出会い系サイト。

友達は、そこの掲示板でヌードモデルをして、お小遣いを頂いているそうなんです。

なんでも、夫以外の人に裸を見せることに初めは抵抗はあったものの、試してみると予想以上の感動があったらしくて。

彼女の話によれば、掲示板で知り合う相手の人は、親切にしてくれて、チヤホヤもしてくれる。

なんだか昔の輝いていた時代に戻った感じなのだそう。

似たような境遇にいた彼女がそこまで言うなら……。

それで、私も勧められるまま出会い系サイトの掲示板でモデルを募集している男性をさがしてみました。

書き込みをしたその日に、モデルを募集しているという男性とアポイントがとれ、次の日に会うことになりました。

待ち合わせは六本木。

やってきたのは、私の予想に反して、長身でさわやかな男性でした。

男性はそのまま私をラブホテルに案内してくれて、撮影開始。

最初は服を着たままの写真をとり、徐々に上から脱いでいく…。

上着やシャツを脱ぎ、ブラジャーに手をかける間に鳴るシャッター音。

「きれいだね。とても31歳にはみえないよ…ドキドキしてきた」

彼の熱い吐息と、その音がなるたびに私の鼓動は高鳴り、下半身に熱いものを感じました。

彼に指示されるままパンツをおろしたときには、私の股間には、すでに濡れたものが糸をひき、もう恥ずかしくて立っていられませんでした。

あまりのことに顔が見られなく下を見ていると、彼のアソコも膨張しているのが確認できました。

そして、その恥ずかしさを紛らわすように、私の手は自然に彼の股間をなでていました。

そのまま彼のズボンを脱がし、露出したアレを私は口に含む。

その間にも鳴り続けるシャッター音。

「ああ…私はなんて卑猥な事をしているのでしょう」

ジュッポジュッポと鳴りひびくイヤラシい音にさらに興奮してしまい、私はいてもたってもいられませんでした。

彼はその股間を私のアソコにあてがい、一気に挿入。

私はもうカメラにどのような姿を見せているかも分からなくなり、高揚し、大きな声で喘いでしまいました。

撮影後、彼に見せてもらった私の姿は、思っていたような淫らなものではなく、とてもキレイなものでした。

現在、私はそのようなモデルはしていません。

良い思い出にしたかったということもあります。

クセになるのが怖いという気持ちもあります。

やはり、旦那以外の男の人とSEXしてしまうことは悪い事ですものね。

でも、ときどき出会い系サイトの掲示板をのぞいてしまう私がいます…。

[投稿者:マナさん(31)]

オススメの出会い掲示板

このカテゴリで良く読まれている記事

  • そう…私は露出狂の女です。
  • 童貞クンとスワッピング☆
  • ドS男性募集中のM女です
  • 小学校教師と始発までセックス
  • 義弟とのSEXのあと…

  • カテゴリー: 出会い系H体験談| タグ: ,