中高年のための出会い講座

どうもー! エロライターかずやです。

男はみんなスケベ。

そして、スケベに卒業なし!

少子高齢化が叫ばれる昨今ですが、その波は確実にエロ業界にも訪れています。

ボクの働くエロ本業界はその最たる例でしょう。

いまや、メインターゲットの読者は中高年層だという雑誌も珍しくない。

日本のエロ業界を支えているのは、年配世代と言っても過言ではないんですね。

そんな中、最近、読者の投稿やハガキで目につくのが、「出会い系サイトで女性と知り合った」という声。

近頃は、50代どころか、60代の男性も盛んにサイトを利用しているようです。

その相手の女性はというと、圧倒的に10歳から20歳も年下ということが多い様子。

前回は「オジさんがモテる!」という話をしましたが、今回は読者の声を参考にした、中高年や年配者向けの中高年のための出会い講座です!

言葉は悪いですが、エロ本読者の大半は、普通のおじさん、おとっつあんばかりです。

では、彼らがどうして女性といい思いをできているのか。

彼らの声を集めていて、もっとも多かったのは、

「外見と中身の若さを保っていれば年齢は関係ない」

というものでした。

具体的に言うと、それは次のようなものです。

外見については、地味になりすぎないように注意すべし。

ジーンズを履き、明るい色のジャケットを着るだけでも、同年代の中高年たちとは一線を画せる、というのです。

しかし、ファッションについては一朝一夕でどうにかなるものではないでしょう。

そこで、参考になりそうなのが次の方法。

女性を誘う際に、『一緒に洋服を買いに行ってくれないか』とお願いするんです。

女性をスタイリストにしてしまうんですね。

単純に思えて、これはかなり有効です。

なにしろ、買い物が嫌いな女性はいません。

そこで、

「君にも一着プレゼントするから、自分をコーディネイトしてほしい」

と誘う。

これで、断る女性はいないんですよ。

多くの年配ユーザーたちの声に従えば、

「外見に自信が持てたら、行動にも余裕が出てくる」

といいます。

そう、もうひとつのキーワードが、この「余裕」です。

若い女性と交際している年配の男性に話を聞くと、

「人生経験を重ねてきた結果として、女性のわがままを許容できるようになった」

口を揃えます。

実際、彼らを見てると、それはもう、無様とも思えるくらい女性に尽くします。

「アレをしたい」

「これはイヤ」

とわがまま放題の女性に対し、ときには、振り回されてるように見えるほど、甲斐甲斐しく世話を焼く。

彼らに言わせるとそれは、

「女性を手のひらで転がしてるのだ」

と言うんですね。

さて、最後に気になる、彼らのセックスライフですが、これについては、露骨なセックス表現は避けるべし、という声が目立ちました。

もちろん、性欲はある。

それをパートナーにも伝えている。

しかし、直接的な表現は避けることが重要なようです。

例を挙げれば、

「一緒に寝てくれないか」

「愛を確かめないか」

というような表現をすると言うのです。

なかには、セックスは必ずしも重要ではなく、添い寝するだけでも満足なのだという人もいました。

ボクにはまだ分からない境地ですが、本人が満足ならそれでよし。

女性との出会いを楽しむのであれば参考にしてみては。

[かずや]

オススメの出会い掲示板

このカテゴリで良く読まれている記事

  • ヌードモデル募集でハメ撮りに成功2
  • ヌードモデル募集でハメ撮りに成功
  • RIKACO似の巨乳人妻と熱闘甲子園
  • キャンギャルと出会う方法
  • 出会い系なら10代少女が食べ放題!?

  • カテゴリー: 出会い系マスターへの道| タグ: , , ,