出会い系で奴隷志願

私はとある市役所に勤務する29歳の独身女性です。

ある願望を満たすため出会い系サイトに登録しています。

それは、男性から人一倍愛されたいという欲求です。

携帯サイトを利用するようになったのは5年ほど前から。

写真投稿ができる投稿系サイトが始まりでした。

当時の私にとって、そのサイトは恋人を求める場であり、男性からの注目を集められる場所でした。

まだ24歳と若く、容姿にも自信があった私は、自分に対する男性の反応に夢中になりました。

何枚もの写真を投稿し、ついには、サイトの人気ランキングでは1位を獲得。

そして、数々寄せられる賞賛と求愛のメール。

そうしていると、仕事で起きたイヤなことも忘れられたのです。

しかし、なかなか恋人を作ることは出来ませんでした。

メールの往復で、『この人なら』と感じても、いざ写真の交換をしてみると、タイプとはほど遠い男性ばかりなんです。

それだけではありません。

そうしたサイトでは、ほかの女性ユーザーからのやっかみにも遭遇しました。

私が注目を浴びることを面白く思わない女性が、

「あの女はいろんな男を挑発して、やりまくってる」

と、ガセネタを流すのです。

そうすると、もう恋人を探すどころではありません。

そのため、私は幾度となく、サイトを変えなければいけませんでした。

そうしたことを繰り返さすうち、気付けば3年が経過していました。

そして、27歳になった私を待っていたのはツラい現実です。

その頃には、サイトの男性ユーザーの態度も違ってきていました。

以前のようにチヤホヤされることもなくなり、代わりに注目を集めているのは年下の少女たち。

その頃からです。

私の投稿する写真が、過激になっていったのは。

下着姿、入浴中の写真。

男性の注目を集めるため、少しずつ肌の露出を増やすようになりました。

そうこうしていると、男性からは、

「こんな格好の写真も見てみたい」

「こんな姿をしてくれないか」

という要望が届くようになりました。

私はそれに応えることにしました。

これ以上、男性に見捨てられたくなかったんです。

ですが、男性からのリクエストは際限なくエスカレートしていきました。

はじめのころは、コスプレ的なものでしたが、次第に、ヌード写真、自慰行為の動画と・・・・・・。

そのときの恥ずかしさと悦び。

そして、私は気付いてしまったのです。

自分の中に潜んでいた、男性に服従する悦びに。

ほどなくして、私は通常の写真投稿サイトでは満足できなくなりました。

そして、サイトに掲載されていたアダルト系の出会い系サイト<!--#endif -->に登録するに至ったのです。

ご主人様を募集して奴隷志願。

そこで知り合ったのが年上のご主人様です。

いまでは、携帯サイトを利用するのもご主人さまの命令です。

みずから卑猥な写真をサイトに投稿して男性を誘惑。

そして、出会った相手には、必ずセックス中の写真や動画を撮影してもらうのです。

そうした画像は、ご主人様が携帯サイトに投稿してくれます。

この1年は、毎週のように違う男性とのセックスに溺れる日々を過ごしました。

そのたび、私の投稿写真のコレクションは増え続け、数多くの男性の目に晒されました。

いまの私は幸せでいっぱいです。

なぜなら、ご主人様のおかげで、数多くの男性からの求愛と注目を一身に集めることができているのですから。

[投稿者:I・Sさん(27)]

オススメの出会い掲示板

このカテゴリで良く読まれている記事

  • パーキングエリアでセックス三昧
  • セリクラってどうよ?
  • 夫婦の不満を満たしあう…。精液好きな宮崎の若妻とのダブル不倫...
  • 初めての親子どんぶり!
  • セリクラってどうよ?2

  • カテゴリー: 出会い系ガチンコ体験談| タグ: ,