アラフォー女性との出会い

どうもー! エロライターかずやです。

アラフォー「アラウンドフォーティー(40歳前後)」という言葉がブームになりましたが、出会い系サイトでも、このところ目立つのが、アラフォー、アラサー(30歳前後)の女性たちです。

いわゆるバブル期に青春時代を過ごした彼女たち。

80年代といえば、女性は交際相手に三高(高身長、高学歴、高収入)を求めるのが当たり前。

あまつさえ、冴えない男子は、アッシー君、メッシー君として扱われるなど、男性にとっては受難の時代でした。

でも、いまそんな彼女たちの価値が暴落している!

これは、当時の男性たちの仇を討つためにも、人肌脱ぎたい!

いや、彼女たちの衣服を脱がせて、ヒイヒイ言わせたい!

そんなわけで、遅ればせながら、ボクもこのアラフォーブームに乗っかるべく、出会い系サイトにアクセスしてきました。

お目当ては、もちろん、婚期を逃した独身の40代女性です。

条件を絞って探していると、独身女性の多くは、恋人、マジメな恋愛を求めて登録している様子。

それなら、とるべき作戦は一つ。

結婚相手として理想であろう男性になりきること!

掲示板には、年収を、ほんのちょっとだけ多めに記入。

職業も、ライターでは印象が悪いので、デザイナーを名乗ることに。

実際、仕事で雑誌のページ構成もしてます。

だから嘘ではないはず・・・。エロ本ですけどね。

そうして、メールを待っていたところ、どことなく、タレントの西川女医に似た、アヤさん(仮名・42歳)からアプローチをもらう事に成功しました。

なんでも、彼女は、服飾デザイナーとして働いていて、昨年のクリスマス前に、年下の恋人と別れたばかり。

交際相手に求める条件は、年収700万円以上だとか。

さきほど、かなり高めに記入した年収に罪悪感・・・。

ですが、走り出した交渉をストップするわけにはいきません。

デートの待ち合わせは、

「渋谷の○○ホテルのラウンジでどうですか」

と彼女からのご提案。

場違いだよな~と思いつつ、普段着のジーンズで訪れてみると、そこに待っていたのは、胸元を強調した品のある出で立ちの彼女。

もう、やるしかありません!

どうにかこうにか話をごまかしながら、一杯千円という、馬鹿げた値段のカクテルを飲ませ続けること2時間強・・・。

とうとうアヤさんから、

「眠くなってきちゃった」

という言葉を引き出しました。

ですが、この高級ホテルに宿泊するようなお金は、ハナからありません。

「それならタクシーで送るよ」

と、紳士を気取って、早々に離脱する事に。

ホテル代がなければ、相手の部屋を使えばいいんです!

結果、彼女を介抱しつつ、部屋まで送ったところで、ようやくセックスに成功しました。

ただし、彼女はといえば、少し酔っていたのかほぼマグロ状態・・・。

帰り際、

「また会いましょう」

と約束は取り付けたものの、ヒイヒイ言わせるまでには至りませんでした。

次は、いかにお金をかけずに彼女とセックスに持ち込むか。

そんな事を考えながら、デザイナーとして、メールを交換する毎日です・・。

[かずや]

オススメの出会い掲示板

このカテゴリで良く読まれている記事

  • ヌードモデル募集でハメ撮りに成功2
  • ヌードモデル募集でハメ撮りに成功
  • RIKACO似の巨乳人妻と熱闘甲子園
  • キャンギャルと出会う方法
  • 出会い系なら10代少女が食べ放題!?

  • カテゴリー: 出会い系マスターへの道| タグ: , ,