合コンテクニック

みなさん、ごきげんよう。

精神科医の私マサシがいつものように、女性をオトすための心理学テクニックをお教えしましょう。

私は出会い系サイトを利用して、よく合コン相手をさがしています。

そんなときは、私がだいたい幹事役を務めることが多数。

合コンのときに幹事が最初に思慮するのは男女の席順ですね。

みなさんも経験がおありでしょうが、男女交互に座ることが一番理想とされます。

実は、これにはちゃんとした理由があります。

精神科医のリービットは集団を構成するコミュニケーションネットワーク(席順)を研究しました。

そのなかでも合コンの席順でよく使われるのは2つ(男女が交互に座ることを前提にする)。

1.円卓で男女がお互い同じ距離でテーブルを囲むパターン(円型)。
2.長方形のテーブルに男女が一列に並ぶパターン(鎖型)。

結果、集団は席のパターンによって様々な特徴を示すようになりました。

1のパターンはすべての人が対等な立場なため全体の雰囲気は好転します。

しかし、隣同士の会話ははかどらず、カップルを作りにくいパターンとなっています。

逆に2のパターンは個々の関係性を作りやすく、セクシャルな仲に陥りやすいという結果が出ています。

つまり、合コンを行うときは中華などに見られる1のパターンはなるべく避け、2のパターンを選んだ方がいいということです。

↑↑↑初めて会う男女が、この距離感で食事をするというだけでも、そうとうセクシャルだと思います。

しかし、だからといって2のパターンで闇雲に男女を並べればいいというものではありません。

人にはそれぞれ個性があり、話が合う合わないという男女関係も当然でてきます。

また、いきなり男女交互に座らせるのも敷居が高い。

精神科医のスティンザーは集団行動のなかにある特徴を見いだしました。

それは「会議などで、かつて口論した相手が会議に参加しているときは、その相手の正面に座りたがる」といったものです。

つまり、じっくりと意見を交わしたい相手がいたとき、人間は自然とその相手の正面に座ってしまうことを表しています。

幹事が合コン前に女性メンバーの特徴をつかめた場合は、男性メンバーの誰と話が合うかなどということに注意して、その正面に座らせてあげると円滑にコミュニケーションがとれるようになるでしょう。

また、女性陣の特徴がつかめないまま合コンに臨んだとしても、序盤で話が合わない男女がいた場合は即座に順番を変えていくようにすれば大丈夫。

みなさんも合コンの機会に恵まれたときは、ぜひとも実践してみてください。

[精神科医山岡マサシ]

オススメの出会い掲示板

このカテゴリで良く読まれている記事

  • あなたのちんぽ奴隷になります!
  • 失恋したうつ病美少女を口説く方法
  • 人妻の性欲解消方法
  • 中に出してください!
  • 戸田恵梨香似のOLとSEX!!

  • カテゴリー: 俺流出会い系道| タグ: ,