オタクの私が隠れオタクの男性と意気投合

私は26歳の派遣事務員です。体型は、ぽっちゃり。太ってはいません。アニメやマンガ、インターネットが趣味の、いわゆるオタクです(腐女子ではありません)。男性と付き合った経験は、26年間なし。外見にコンプレックスを抱えている事もあり、自分に恋人ができる事なんてないだろうと、考えていました。

そんな私に、いま転機が訪れています。キッカケとなったのは、出会い系の掲示板です。

ある出会い系サイトに登録したところ、交際希望の条件に「ぽっちゃり系」と書いてある男性を発見したことが、彼との始まりでした。

彼は、私の住む町の市役所に勤める31歳の公務員。最初はぽっちゃり系が好きということも半信半疑でしたが、話してみると、彼が好きだという芸能人は、お笑い芸人グループの『森三中』や、柳原加奈子さんなのだとか。私もお笑い番組が好きだったこともあり、話が盛り上がって意気投合したんです。

「私なんて太っていることが原因で、男の人からは、からかわれてばっかりだったけどな・・・」

いつしか私は、彼に気を許し、いままで自分が男性と付き合ったことがないこと。普段は、オタク系の趣味に没頭していることを打ち明けていました。

すると、思ってもいなかったことに、彼が、私のオタク趣味の話に食いついてきたんです。知り合って分かったのですが、彼は私よりも年期の入った隠れオタクだったんです。そして、堅物な上司が多い職場では、そうした話題ができず退屈していることなどを話してくれました。

「そうは言っても公務員、交際相手には困ってないんだろうな」

そのときの私は、まだ彼を恋愛対象として見てませんでした。私を外見で判断しない素敵な人だし、共通の趣味の話ができるメール友達になれたらな、くらいに思っていたんです。

2週間ほどメール交換を繰り返した頃、「会ってみませんか」と話を切り出してきたのは彼からでした。しかし、私はやはり乗り気にはなれませんでした。会ってしまったら嫌われるかも知れない、そんな考えが、気持ちにブレーキをかけていたんです。

私は、悩んだ末、正直にその事を彼に打ち明けました。すると彼は「外見よりも性格に惹かれたんです」
と言ってくれました。そのおかげで、私も彼に会う決心を付けられたんです。

出会ってみると、それまで悩んでいた事がウソのように、私たちの会話は盛り上がりました。年上の彼が、私の趣味に合わせて会話をリードしてくれたんです。外見を「ふくよかで可愛い」と褒められたのも初めてでした。

そして、先日の二回目のデートの帰り際「彼女になってほしい」と告白されてしまったんです!

いまはまだ、突然自分に訪れた幸せに、頭が追いついていない状態です。でも、私の外見や趣味を含めて付き合ってくれる彼となら。そんな風に考えています。

オススメの出会い掲示板

このカテゴリで良く読まれている記事

  • そう…私は露出狂の女です。
  • 童貞クンとスワッピング☆
  • ドS男性募集中のM女です
  • 小学校教師と始発までセックス
  • 義弟とのSEXのあと…

  • カテゴリー: 出会い系H体験談| タグ: