出会い系で結婚した親友

みなさん、こんにちは。
精神科医のマサシです。

寒い日が続いて風邪をひかないようにマスクが手放せませんが、
みなさんは、いかがでしょうか?
あと1ヶ月もすれば、今度は花粉症でマスクが手放せなくなります。
今回も一緒に心理学を駆使しながら、女性の口説き方を考察していきましょう。

私と親友のYは、同じ出会い系サイトでよく一緒に遊んでいます。女性を検索して、気になるタイプがいたら互いに報告し、ヨーイドンで彼女にメールを送り、口説き競争をする遊びです。

そんなYが、このたび出会い系で知り合ったMさんという女性と結婚することになりました。
なんとも微笑ましい(?)話ですが、今回は結婚生活における夫婦間の問題について考えてみましょう。

アメリカの心理学者ターマンは結婚生活に関する幸福度を次のような項目によって測定しました。
・家計の扱いで夫婦の意見が一致している。
・戸外の娯楽をともにする。
・相手を配偶者として誇りに思っている。
・もう一度生まれ変わるとしたら、同じ配偶者を選ぶ
などの質問です。

これと同様の手法で、日本人夫婦の幸福度と結婚年数との関係を検討した調査結果があります。

それによると……

結婚直後は妻の幸福度が夫よりも高いのですが、3年後をすぎる頃から妻の幸福度は夫のを下回り、二度と夫を上回ることはありませんでした。6年後、夫婦ともに幸福度が高くなり、12~14年で最高になり、その後、幸福度は急激に低下して、妻は21~23年で最低になります。
よくいう熟年離婚はこういった統計に関係しています。

アメリカの夫婦の幸福度は年月が経っても夫婦間で違いが見られないところを見ると、日米の夫婦関係が異質なものとわかります。

アメリカの夫婦は結婚する前に、以下のことを意識すると言います。
・婚約が整うまでにスムースに話が進んだ。
・結婚前の交際中に、話し合いがよくできた。
・結婚前の交際中に、将来の生活の不安を感じたことはなかった。
・結婚に母親が賛成であった。
・両親の結婚生活がうまくいっていた。
・現在の生活が経済的に楽である。
このような条件が揃った夫婦はたいてい幸せな晩年を迎えるということです。

こうしたアメリカのラブラブ夫婦と対照的に、一方の日本ではデキ婚や、早婚、ノリ婚など定番です。日本の人妻の浮気率がおそらく世界一(山岡個人の肌感覚です)なのも、ちゃんとした理由があるんです。

簡単に得られるものは簡単に離れていきやすい。
これはきっと真理です。



YがMさんと幸せな結婚生活を末永く続けられるか私は心配でたまりません…(笑)。

オススメの出会い掲示板

このカテゴリで良く読まれている記事

  • あなたのちんぽ奴隷になります!
  • 失恋したうつ病美少女を口説く方法
  • 人妻の性欲解消方法
  • 中に出してください!
  • 戸田恵梨香似のOLとSEX!!

  • カテゴリー: 俺流出会い系道| タグ: ,